虎丘 

虎丘は春秋時代の呉王夫差(ふさ)が父の闔閭(こうりょ)を葬った陵墓。葬儀の3日後に、墓の上に白い虎が現れたことから虎丘と呼ばれるようになった。

北宋(961年)に創建の雲岩寺塔(別称虎丘塔)。高さ48m、八角七層の古塔は中国で最も古い塔の一つで全国重点保護文物に指定されている。

虎丘の運河は山塘街まで繋がっている。白居易が蘇州の長官の時築いたもの。


TOPページへもどる