忠王府 

1860年、太平天国軍の忠王李秀成がここに王府をおいた。もともとは三国時代、呉の郁林太守の邸宅。

今は西側の蘇州博物館と直結しており、入り口は博物館側。


TOPページへもどる