上海博物館 

【1】上海博物館はその建物自体が一つの芸術作品です。鼎の形をした重厚な建物で、床面積1万平米に及びます。

【2】内部はテーマ別に11の展示場が常設されています。 古代青銅館、古代彫塑館、古代陶磁館、歴代璽印館、歴代書法館、歴代絵画館、明清家具館、少数民族工芸館、歴代銭幣館、 古代玉器館、暫得楼陶磁館。コレクションはすべて清代以前のもの。

【3】古代青銅館:所蔵品の中でもとりわけ青銅器のコレクションは、世界的に有名です。

【4】古代彫塑館:戦国から秦漢にかけての副葬用の俑像や、唐代にかけての仏像など。

【5】古代陶磁館:原始青磁のコレクションや、 元から清時代にかけての景徳鎮コレクション。一見の価値があります。

【6】歴代璽印館:一日之際、書は印から入り、印は書より出る。

【7】歴代書法館:中国文字形態の変遷や、中国書法史。

【8】歴代絵画館:中国絵画は”国画”と略称され、伝統ある中国民族絵画です。

【9】明清家具館:中国古典家具。明清の時代に最盛期を迎えました。

【10】古代玉器館:玉器の使用は新石器時代にはじまる、中国古代文明の芸術品。

【11】歴代銭幣館:貨幣は新石器時代に生まれ、紙幣は宋代に生れました。

【12】少数民族工芸館:中国には56の民族が暮らしており、ここでは少数民族の文化を紹介しています。


■ 住所:上海市人民大道201号、 TEL:021-9696-8686

TOPページへもどる