上海環球金融中心 

上海環球金融中心(SWFC)は上海浦東新区に位置し、地上101階、 高さ492メートルの「垂直の複合都市」です。

世界水準の国際金融センター機能を中心に、世界一の高さとなる展望台、 商業施設やフォーラム、最高級ホテルなどを擁します。

設計・監修は森ビルで、建築設計は コーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツP.C.(KPF)です。 遠くから見ると栓抜きみたいですが、下から見るとナイフのように切り立っています。

高速エレヴェーター内部は未来的な演出です。

地上474メートル。100階。上海環球金融中心の最頂部が、 世界で一番高い場所にある展望台です。

2009年4月現在、アンテナを除き台湾台北市の台北101(508m)に次いで世界第2位(中国で第1位)で、「最高フロア高さ」と「軒高」で世界第1位に認定。

100階の床は真ん中部分がガラス張りとなっており、はるか真下をガラス越しに眺めることが可能。

この間まで上海で1番高かった、隣の金茂大厦(421m)を見下ろします。


http://www.swfc-observatory.com/jp/

TOPページへもどる