碑林博物館

唐の玄宗皇帝直筆の石台孝経など、碑石は五帝の時代から清代に及ぶ3000点が保存されている。

碑石は碑林一室から七室まで。他に隋唐の時代の歴史陳列室と、石仏、レリーフ、墓石などを集めた石刻芸術陳列室がある。

唐代の石仏群が展示されている。

碑石から拓本をとっているところ。

書院門

城壁の永寧門(南門)から城内に入ると、右手に書院門がある。

門をくぐると両脇に、書画を売る店や文房四宝(筆、硯、墨、紙)を売る店が軒を連ねる。さらにその奥に碑林博物館がある。

りんごあめを売る屋台。他にいちご、みかん、あんずなどがある。安くておいしい。一度試してみては。

老香港私家菜

南門近くのレストラン。メニューは高級海鮮から、手ごろな点心や炒飯まで豊富。味付けは広東風で、あっさりして日本人好み。
029 8763 3766


■特集(3);西安碑林博物館の拓本

■LINK:西安碑林博物館のホームページ

■開館時間:夏8:00-18:45、冬8:30-18:00、*入場は閉館の45分前まで。休館日なし。

次ページへ

TOPページへもどる