明の十三陵

明の十三陵は、十三人の皇帝の陵墓がある

ことに由来し、最初に明の第三代皇帝の

永楽帝が生前に自らの墓を建設したこと

に始まる。




十三陵の中で唯一定陵だけが、地下宮殿が

地下宮殿が発掘されている。地下9階まで

階段を下りる。