頤和園

1750年建設、1860年英仏連合軍により破壊されたが、1886年に西太后によって再建された。1998年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。

頤和園は290万平方メートルで北京最大の庭園。数百年かけて平地に湖(昆明湖)を掘り、その残土を盛り上げて山(万寿山)を築いた。

西太后は頤和園に暮らし、毎日側近を引き連れ舟遊びをし京劇を楽しんだ。庭園には皇帝や西太后が政治を行った政務区と普段暮らした生活区。万寿山の上は西太后の信仰の宗教区とに大別され、100を越える建築群がある。